スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知将 堀秀政

マイナーな武将ではあるが、信長・秀吉の側近として活躍した武将のひとり。
頭のいい人はどの時代でも出世するのよね^^;

horihidemasa.jpg

堀秀政のちょっと良い話(戦場編其ノ一)

人使いが巧く、『名人久太郎』と呼ばれた秀政。
戦場でも彼はその才能を発揮していた。

合戦での陣中の夜間、特に風雨の強い時などは『陣泥棒』と言う、武具や糧秣を盗む盗賊がいて、当時の武将達は常に警戒していた。
だが秀政の陣では『陣泥棒』にやられる事が無かった。

秀政は見張りの兵達に、こう申し付けていた。

「今宵は風雨が強く、泥棒には絶好の機会だ。
 もし『陣泥棒』が来なくても、わしがスキを見て泥棒に入るので、気をつけておけよ。」

大将にこう言われては、厳しく警戒せざるを得ない。
秀政はこうして『陣泥棒』を防いだのである。


堀秀政のちょっと良い話(戦場編其ノ二)

秀政が秀吉の配下として九州平定戦に従軍していた時の話である。

秀政は城を攻めていた。
城方から勇敢にも討って出てきた、敵兵五十人ほどを生け捕りにした。
秀政の前に引き出された敵兵達は、見せしめの処刑を覚悟した。

秀政は敵兵達に言った

「九州に来てから城攻めばかり。
 攻めた城はどこも一日で落城し、わしは次々と行軍せねばならず、本当にきついのだ。
 そこでお前達に頼みがある。
 このまま城に帰って、せめて後三日は持ちこたえてくれないか?
 対陣していれば軍を動かさずに済むからな。」

と言って敵兵全員を解放した。
すぐさま城に逃げ帰った兵達は、とても敵う相手ではないと悟り、城方は即座に降伏した。

『名人久太郎』の面目躍如である。

もっとも、秀政は本当に休みたかったのかもしれないが…


堀秀政のちょっと良い話(政務編)

ある時、堀家では論争が起きた。それは
「荷駄を運ぶ際、荷駄の数を決める勘定役と、
荷駄を運ぶ担ぎ役とではどちらが偉いか?」
と言うものであった。現代風に言えば経理担当
と現場担当どちらが大変か?と言う感じである。
これを聞いた秀政は勘定役、担ぎ役の双方を集め
こう言った。
「わしはかつて、蔵入り奉行(経理担当)をして
いたので、勘定役の苦労はわかる。だが担ぎ役は
したことが無いゆえ、今からやってみる。荷駄を
用意してくれ。」と言って荷駄を用意させ、自ら
荷駄を担いで小高い山を乗り越えた。
そこで一緒に着いてきた勘定役と担ぎ役の双方に言った。
「わしも戦で鍛えたゆえ、荷駄ごときと思っていたが、
間違いだった。ここに運ぶまでにヘトヘトになってしまった。
担ぎ役達には、いつもこの様な苦労をさせていたのだな。
本当にありがたい。これで勘定役も荷駄を運ぶ苦労がわかったで
あろう。お互いが苦労をいたわれば良いのではないか。」
勘定役、担ぎ役の双方は秀政の体を張った説得に感動し、和解した。
以後論争は無くなり、家中の団結は一層強くなったのである。



上役には上役の苦労があります(`・ω・´)b

信長の側近は毎日命がけだったそうです。
ちょっとでも信長の気に食わないことがあれば
即切られていたそうでつ。(; ・`д・´)コワ~

    
スポンサーサイト

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

今回も非常に勉強になりました。感謝です。
最初は密かにブログのネタをパクったりもしましたが、
ここに書き込みをする少し前からは純粋に「1ファン」として
毎日の更新を楽しみにさせていただいておりまする。

No title

とってもありがとうございまする 〇┓ペコッ
拙者もコピペのオンパレードなので
がんがんパクッてくださいでござる。
非吐出さんな飽きられないよう
ブログがんがるっ!!(`・ω・´)b
プロフィール

ちんぱん君

Author:ちんぱん君
炎のダイエッタ~猿見参っ!
今花粉症でしょぼしょぼ(汗)

最新記事
最新コメント
カテゴリ別
月別
リンク
記事の検索
ちんぱん君にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

腰掛たお猿さん
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。