スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

な~るな話

有名なコピペ

 銀行に紳士が来た

ある紳士風の男が銀行にやってきて言った。
「100ドルほど貸して欲しいんだが」
「100ドル、でございますか?」
応答した行員は男を一瞥してから言った。
「100ドルという少額のご融資ですが、初めてのお客様でございますし、
何か担保をお預かりすることになりますが、よろしゅうございますか?」
すると紳士は、少し考えてから言った。
「そうだな、僕のロールスロイスなんてどうだろう?」
「ロールスロイス!でございますか?」
「ああ、いま駐車場に停めてあるから一緒に見に行こう」
行員が半信半疑のまま紳士に同行すると、駐車場には最新型の
ロールスロイスが停めてあった。行員は驚いて紳士に言った。
「あの....お客様、このお車でしたら30万ドルはご融資可能ですが」
「いや、100ドルでいいんだ」
紳士はそういうと、手続きを済ませ、車のキーと交換に100ドルを受け取って銀行を出て行った。行員はロールスロイスを重役専用のガレージへ移動させ、厳重な監視の下に保管した。
6週間後、紳士が再び銀行を訪れた。紳士は100ドルと利息3ドルを支払い、キーを受け取ると帰り際に微笑んで言った。

「6週間の旅行は最高だったよ」

さて、この紳士が微笑んだ理由は?


   な~~~るほど~~~~(´Д`;) 

  
スポンサーサイト

テーマ : ( ´_ゝ`)
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

3ドルの駐車料・・・?

そだよ~~~~

しかも銀行の重役駐車場だからいたずらされる心配なしっ!
警備も万全ときたもんだっと(`・ω・´)b

はなまるうどん券 元はとらんとねぇ~www

ありがとうございます

お金持ちのはずなのに・・・。悪ぅーー。

はまはる頑張りますっ(V)o¥o(V)

No title

市況板で見たときは、ロールスロイスの代車として
銀行のカローラを借りて、ニューカレドニアまで
旅行に使ったって話でしたw

No title

こういう話っていっぱいあって、ネット住人がどんどんおもしろいようにアレンジしていくんですよねぇ~^^;

今回は問題というか含みを持たせたバージョンなんでしょうね♪
プロフィール

ちんぱん君

Author:ちんぱん君
炎のダイエッタ~猿見参っ!
今花粉症でしょぼしょぼ(汗)

最新記事
最新コメント
カテゴリ別
月別
リンク
記事の検索
ちんぱん君にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

腰掛たお猿さん
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。