スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学者バートラム・フォア

これは、今このブログを見ているあなたの性格分析結果です。

「あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。また、あなたは弱みを持っているときでも、それを普段は克服することができます。あなたは使われず生かしきれていない才能をかなり持っています。外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります。正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります。あなたはある程度の変化や多様性を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます。そのうえ、あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。しかし、あなたは他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気付いています。あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります。」

どうですか?あたってるでしょ(`・ω・´)b
まぁあたってなくても遠からずな方がほとんどだと思います。

Bertram-Forer.jpg

これは、アメリカの心理学者バートラム・フォアが性格分析を実験するために作った文章です。
彼は、これを学生達にあなたの心理分析結果ですと個別に伝え、あてはまっているか否かを5段階評価(あてはまるが5~あてはまらないを0)させました。すると、なんと平均点4.26という結果をだしたのです。
この結果から、人が信じる要因として以下のことがあげられるそうです。

・被験者がその分析は自分にだけに適合すると信じている
・被験者が評価者の権威を信じている
・分析が前向きな内容ばかりである

今現在、星座占いだとか血液型占い・手相占い・〇〇精神分析だとか言われるのもはこの応用だと言われています。
あぶない勧誘とかにひっかからないための参考になれば・・・


 僕、まんでがん信じちゃった ( ̄(ェ) ̄;)

  
スポンサーサイト

テーマ : ( ゚д゚ ) ・・・・・・、
ジャンル : 日記

こんなヤツおるおる ( ̄(ェ) ̄)

おもいっきり頷いてしまった記事見つけた。
あなたの周りにもひとりやふたりはいると思います。
何か言うと、必ずケチつけるヤツ。
で、自分には関係ないからどうでもいいんですみたいに言うヤツ。
こう言う心理が働いてたんですねぇ~



「何もしない人ほど批評家になる」

自分がバカにされないことに意識を集中する。
これが劣等意識がもたらす「引き下げの心理」なのです。
部下の行動、妻の言動、何かのコラムに批評することで
「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と自分で確認しなければ、気がおさまらない。
だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。

なぜ、人を誉めること、よい所を認めることにこれほど、ある人は抵抗感を持つのか。
誉めないまでも、一つの考え方としてとらえる事ができないのでしょう。

演劇や舞台の批評文ばかりを見て、あの舞台はキャスティングミスさ、
台本の流れが問題さと、退屈と苛立ちにアグラをかいて、人を批判するより、一生懸命作っている演出家や出演者の方が人生を楽しんでいるし、心からの友達も多いはず。

何もしない人ほど批判精神ばかりを育てて、人生を孤独にする傾向があるのです。
批判ばかりがクセになると、自分の小さな行動に対しても「くだらない」「意味がない」
と自分にも批判精神は向いてしまい、自分の前向きなエネルギーまでもが枯渇します。


僕もこんなヤツにならにように気をつけよ~(´-ω-)

  

テーマ : (´・ω・`)
ジャンル : 日記

なるほど名言集

なるほどっ!と思った名言を集めてみますた(´・ω・`)

naruhodo.jpg


●2着は負けの1番

●カロリー高いものは基本的に美味い

●サッカーでは100mを速く走れるより10mを走れるほうが大事だ、
 しかしもっと大事なのはいつ走るかだ

●ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい

●居場所なんてものは、自らが作り出すよりも、
             誰かに与えられる方が楽なんですよ

●「こいつは俺より下手だな」と思ったら、そいつはお前と大体同じぐらい
  「こいつは俺と同じぐらいだな」と思ったら、そいつはお前よりも上
 「こいつは俺よりうまいな」と思ったら、そいつはお前の遥か先を行っている

●三つ葉のクローバーを踏み潰して探す
          四つ葉のクローバーなんていらない

●100回叩くと壊れる壁を
     99回であきらめてしまう人間がなんと多いことか・・・


●元世界最長寿の故・泉重千代氏
   インタビューで好きな女性のタイプを聞かれ、
        「年上の女性」


 泉重千代先生 

   師匠と呼ばせていただきますっ 〇┓ペコッ

  

テーマ : (´・▽・)ъグッ
ジャンル : 日記

ためになる話

壺

ある大学でこんな授業があったという。 

 「クイズの時間だ」

教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

 「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。

 「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

 「この壺はこれでいっぱいになったか?」 

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

 「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
教授は言った。

 「それは違う」

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって

 一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう
 

  ためになるなぁ~( ̄  ̄)(_ _)ウンウン
  

テーマ : (`д´)ウオォォォ!!
ジャンル : 日記

人生なんて・・・

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
  「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
  「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。
旅行者が
  「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
  「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
  「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房と
   シエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…
   ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
  「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
   いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
   それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、
   儲けも増える。
   その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
   そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
   自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな
   村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
   きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
  「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
  「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
  「それからどうなるのかね」
  「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
  「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
  「それで?」
  「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
   日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
   夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。」

   「どうだい。すばらしいだろう」

人生なんて 所詮、そんなもんです
肩の力を抜いてのんびりいきましょ~よ ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ

  

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル : 日記

プロフィール

ちんぱん君

Author:ちんぱん君
炎のダイエッタ~猿見参っ!
今花粉症でしょぼしょぼ(汗)

最新記事
最新コメント
カテゴリ別
月別
リンク
記事の検索
ちんぱん君にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

腰掛たお猿さん
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。